ポンペイ

            ポンペイは約1900年前のヴェスービオ火山の大噴火により一瞬にして、死の
            灰に閉ざされた町である。当時より都市計画が出来ており、道路は車道と歩道が
            区別されたり、水道が張り巡らされたり、住居跡も当時のまま、残っている。