グラナダーアルハンブラ宮殿

イスラム教徒によるイベリア支配の拠点だったグラナダ。イスラム最後の王朝としてアルハンブラ
宮殿を築いたが、レコンキスタ(国土回復運動)の高まりにより、1492年に落城。数百年も続いた
支配に終止符が打たれた。アルハンブラ宮殿を無血開城したことで多くの建築や文化が残り、その
名残は現在に受け継がれている。アルハンブラという名称はアラビア語で「赤い城」を意味する。

小さな画像をクリックすると大きな画像になり、下のボタンでご覧下さい。